トイプードルの健康トラブルに対応した「オリジンドッグフード」

少年と黒い犬ドッグフード情報
ドッグフード情報

人気ランキング上位に入り、飼っている方も多いトイプードル。かわいらしく人懐っこい性格で飼いやすいですが、ドッグフード選びに苦労する飼い主さんも多い犬種です。

そこでトイプードルにお勧めの「オリジンドッグフード」をご紹介します。

トイプードルに多いトラブル

トイプードルは意外に健康トラブルの多い犬種です。そのためドッグフードを選ぶときにはそれらのトラブルに配慮してあげる必要があります。

トイプードルに多い健康トラブルを理解して愛犬に適したドッグフードを選んであげましょう。

涙やけ

かわいい愛犬の顔を見て、気になるのが涙やけ。トイプードルはこの涙やけが多い犬種です。涙やけの理由には目に対する刺激で涙が多いケースと、鼻涙管という涙を流す管が詰まって流れなくなり目から溢れ出してしまうケースがあります。

小型犬であるトイプードルには特にこの鼻涙管が細くて詰まりやすい構造となっている子がいます。それに加え、ドッグフードに含まれる添加物が多いと老廃物を多く含む涙になり鼻涙管が詰まりやすくなります。

そういった場合、質の良いドッグフードに切り替えることで改善が見られることもありますので、ドッグフード選ぶ際には1つの目安にしましょう。

毛並み・毛艶

ふわふわな毛が特徴的で愛らしいトイプードル。飼い主さんにとって愛犬の毛並みの質も気になるところですよね。毛並みや皮膚を作っているのはタンパク質です。小型犬では1日に必要なタンパク質量のうち30%を皮膚と被毛を作るために使用しています。

そのためタンパク質が不足すると毛並みの質が悪くなってしまいます。ごわごわしたり、ギシギシしたりした毛ではせっかくのトイプードルのかわいさが引き立ちません。

トイプードルに限ったことではありませんが、ふわふわの毛並みを保つにはタンパク質が豊富に含まれているドッグフードを選んであげる必要があります。


トイプードルに多いものが皮膚炎や外耳炎です。トイプードルはアトピー性皮膚炎や、脂が多く出てベタベタした皮膚になってしまう脂漏症などの皮膚トラブルが多い傾向にあります。

そういった体質を持つ犬は外耳炎にもなりやすいものです。トイプードルの垂れた耳の中は蒸れやすく、特に外耳炎を起こしやすい犬種に挙げられます。

皮膚トラブルには、皮膚のバリア機能を上げて、炎症を抑えてあげるドッグフードが推奨されます。

関節炎

小さい体でピョンピョン飛び回ることの多いトイプードル。活発で元気なのは良いことですが運動量が多く関節を痛めやすい犬種です。

膝蓋骨脱臼といって、いわゆる膝のお皿が元々ある位置からはずれてしまう病気にもなりやすいトイプードル。先天性の病気であり、予防することは難しいですが、体重の増加や、足元をすべりにくくしてあげる配慮が必要です。

また、関節炎のケアに役立つ成分を含んでいるドッグフードを選んであげることもお勧めです。

「オリジンドッグフード」をトイプードルにおすすめする理由

遺伝性疾患や健康トラブルを抱えていることの多いトイプードルに「オリジンドッグフード」をおすすめする理由をご紹介します。

添加物不使用

「オリジンドッグフード」には人工添加物や化学物質から作られている酸化防止剤は一切使用されていません。

添加物を多く含ドッグフードは愛犬の健康にとってよくないのはもちろんのこと、涙に含まれる老廃物も多くなり、鼻涙管の詰まりの原因となります。通常通り流れなくなった涙は目から溢れ、涙やけを作ってしまいます。

「オリジンドッグフード」には添加物が一切含まれていませんので、涙やけを起こしやすいトイプードルには最適なドッグフードです。かわいい愛犬の涙やけは飼い主さんにとって気になるもの。涙やけがなくなると愛犬のかわいさがより一層引き立つはずです。

豊富なタンパク質

オリジンドッグフードは、タンパク質を豊富に含んでいます。タンパク質含有量は38~44%。原材料のうちなんと85%も、肉が占めるドッグフードは非常に珍しいものです。

使用する肉にもこだわり、肉の3分の2は新鮮な生肉を使用しているので、タンパク質と脂肪、ビタミンやミネラルの栄養を損なわずに取り入れられています。残りの3分の1も、低温で空気乾燥しタンパク質をしっかり濃縮しています。

豊富なタンパク質を含む「オリジンドッグフード」を与えてあげれば、愛犬の気になる毛並みもふわふわで艶のあるものになるはずです。

オメガ脂肪酸、グルコサミン・コンドロイチンを配合

「オリジンドッグフード」には、必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。これらは体内で合成できず、食べ物から摂取する必要がある栄養素です。

オメガ3脂肪酸の中にはEPAやDHAといった成分が含まれているのですが、これらには炎症を抑える効果があり、関節炎や皮膚炎・外耳炎などの炎症を抑えるのに効果が期待できます。

また、関節をケアするために必要なグルコサミンやコンドロイチンも豊富に含まれています。

食事だけでは不足しがちなこれらの成分をサプリメントなどで取り入れる方も多いですが、ドッグフードに配合されていれば、補助食品を与える必要もなくなるので助かりますよね。

「オリジンドッグフード」には必須脂肪酸やグルコサミン・コンドロイチンが豊富に含まれているので、皮膚炎や関節炎になりやすいトイプードルにお勧めです。

「オリジンドッグフード」の特徴

「オリジンドッグフード」をお勧めするそのほかの特徴についてご紹介します。

グレインフリー

「オリジンドッグフード」は穀物不使用のグレインフリーのドッグフードです。「オリジンドッグフード」は犬の祖先はオオカミであるため、オオカミの食生活により近いほど犬にとって最適だと考えています。

オオカミは野生の草食動物を食べていたので、穀物などは食べていません。現代の犬は進化し雑食に近くなったとはいえ、重要なタンパク質は主食として動物性の肉から摂取することが望ましいものです。

犬にとって理想の食事を追求している「オリジンドッグフード」は穀物を一切使用していません。そのため、愛犬が穀物アレルギーを持っていても安心して与えられますよ。

GI制限をした低炭水化物フード

犬は本来、生物学的に炭水化物が必要な生き物ではありません。その理由は先ほどお伝えした通り、祖先がオオカミであることに由来します。オオカミは自然界で炭水化物を摂取したりはしていませんでした。

特に米やジャガイモ、タピオカ、デンプンはGI値が高く、素早く吸収され血糖値を急激に上げる炭水化物です。血糖値の急上昇は糖尿病や脂肪蓄積の原因となります。

「オリジンドッグフード」はレンズ豆やヒヨコ豆のようなゆっくりと吸収され、血糖値を緩やかに上昇させる低GIの炭水化物を使用しています。脂肪蓄積も抑えるので、糖尿病や、体重が気になる愛犬にも安心して与えられます。

トイプードルにお勧め「オリジンドッグフード」まとめ

トイプードルに「オリジンドッグフード」をお勧めする理由をご紹介しました。

・新鮮な生肉を85%も使用した豊富なタンパク質
・添加物不使用で涙やけに配慮
・豊富なオメガ脂肪酸がトイプードルに多い皮膚炎や関節炎のサポートをしてくれる
・穀物不使用、低炭水化物で犬にとって最適な栄養バランス

「オリジンドッグフード」では、【全額返金保証サービス】を行っています。万が一愛犬が食べなかった場合には30日以内なら全額返金してもらえるので安心して注文することができます。

トイプードルにどんなドッグフードを与えればいいのかお悩みの飼い主さんはぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。良い効果が見られたら継続して与えることを検討してみても良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました