痒がるのはドックフードで改善できる。アレルギー対策フード!

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

ノミやダニが付いてる訳でもないのに、皮膚が赤くなったり、全身痒がるようになった。そんなときは一度アレルギーかどうかを確認してみる事をおすすめします。

アレルギー反応とは、犬にとって無害な物質に対して、免疫が過剰反応することをいいます。体を守るはずの免疫細胞が、本来攻撃する必要のないものまで攻撃してしまう事を言います。反応する物質は様々ですが、食物アレルギーになると皮膚炎や痒みなどの皮膚トラブルが出ることが多いです。

スポンサーリンク

犬のアレルギーは食生活と腸内環境が原因

愛犬がアレルギーだと思ったらまず食事療法から試してみましょう。食事と免疫は切り離せない大切な関係にあります。犬は本来狩りをして、小動物を食べていた動物です。それが現代社会ではドッグフードに置き換えられましたが、この急激な食生活の変化に、犬の体は対応できていないのです。そのため犬の体質に合わせた原材料で食事療法を行うことが重要です。

アレルギーや自己免疫疾患を発症している場合は、腸内細菌の異常が生じていることが判明しています。体内の免疫細胞の7割は腸に集結しています。多くの免疫細胞が栄養を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、病原菌やウィルスなどの外敵の侵入を防いでいるのです。

食物アレルギーの場合、特定の食べ物や花粉などの異物に対しても過剰に免疫が働いてしまいます。犬がアレルギーになる主な理由は、「食生活の変化」「食品添加物」による影響が多くあります。実際に食事改善で治ったというワンちゃんは多くいます。

犬のアレルギー対策・改善方法

腸内環境の改善ができるドッグフードを与える

人間のアレルギーでも最近様々なメカニズムが解明されています。その中に腸内免疫を高める(腸内環境を整える)事でアレルギーの予防、改善ができるとされています。例えば一部の乳酸菌には、アレルギーを引き起こす原因物質を抑えるはたらきがあります。そのためプレバイオティクス・プロバイオティクスが考慮されたドッグフードを選ぶ必要があります。

プレバイオティクスとは、腸内細菌の栄養源となり、腸内フローラのバランスに改善する食品成分 。プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを改善して健康に好影響を与える微生物とされています。

添加物の少ないドッグフードに変えてみる

人間でも食品添加物にアレルギー反応を示す人がいます。食生活の変化により、加工食品に含まれる食品添加物がアレルギーの原因になることがあるのです。犬でも同様です。もともと狩りをして生きていた動物ですので、ドッグフードのような加工食品を消化する体にはなっていません。食品添加物のような合成化合物を避けることで改善する場合があります。ヒューマングレードや無添加ドッグフード。またはオーガニックドッグフードを試すことで改善が見られます。

グレインフリー(穀物不使用)に変えてみる

犬は狼が祖先で肉食系の動物です。そのため穀物の消化吸収が苦手です。小麦、米などは特に消化が苦手なため、小麦がアレルギーの原因となるワンちゃんもかなりの頭数がいます。

しかしドッグフードには「かさ増し」を目的とした穀物が多く含まれています。これらは本来犬には不要なものです。この穀物が入っていないフードがグレインフリーのドッグフードです。穀物不使用のドッグフードを与えるのは効果的です。

お肉の種類を変えてみる

アレルギーの原因は様々考えられます。ドッグフードを摂取するようになり、偏った動物性脂肪や特定の動物性たんぱく質を食べ続ける事で、アレルギー疾患に悪い影響を与えている場合もあります。人間でも「バケツが貯まる」といった表現をすることがありますよね。犬も同じです。ですので今までフードのメインだったタンパク質(肉)を変えてみるのも手段です。

特に摂取したことのない珍しい肉にしてみましょう。おすすめしているのはダック、魚、鹿肉、馬肉などです。

アレルゲンとなる特定の原材料を避ける

既に何を摂取したときにアレルギーが出るのかわかっているのであれば、基本的には食事から取り除きます。アレルギーの元となる原材料を避けるのは当たり前の話ですが、しっかりとアレルゲンとなる成分を、把握して避けているいる飼い主さんは意外と少ないです。

はっきりと分かっていない場合は獣医師でアレルギー検査を受ける事も可能です。

アレルギー対策のおすすめドッグフード

ネルソンズはグレインフリードックフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきS(抜群)
コスパA(お得)
特徴・アレルギー対策

ネルソンズはペット先進国として知られる、イギリスのブリーダーが開発した穀物不使用(グレインフリー)の安心・安全なドッグフードです。ワンちゃんは穀物を与えると、うまく消化できず内臓に負担がかかり、食物アレルギーを引き起こす原因となってしまいます。ネルソンズは完全に穀物不使用(グレインフリー)なので安心・安全です。

アランズは消化の良さに特化したナチュラルドックフード

総合評価S(最高品質)A(高品質)B(普通)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(よく食べる)
コスパA(お得)
特徴

消化が良い、成犬向けフードです。アランズは高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用の商品もありますが、アランズは自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう設計されたドッグフードです。

馬肉自然づくりでたんぱく質を変えてアレルギー対策

総合評価B(普通)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきB(ほぼ食べる)
コスパB(良い)
特徴

馬刺し用の馬肉を利用したドッグフードです。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため、低アレルギーな原料でもあります。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用しています

アレルギー疾患はすべてが解明されているわけではありませんが、対策できることはあります。食事療法で改善できなせれば生活環境の見直しをして、ストレス軽減対策をする。疾患がひどいようであれば獣医に相談するというのも手です。まずはできることから始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました