オーガニックと無添加の違いはどこ?より安全なドックフードはどっち?

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

近年ドッグフードのかなでも高品質なものが発売されています。特にオーガニックフードは人間でも愛犬用でも注目されており、健康に良いとされています。しかしオーガニックや無添加、有機栽培など様々な言葉があり「結局どれが一番いいの?」という状態になっています。ここでは実際に言葉による意味の違い、フードの安全性に着目して解説していきます。

スポンサーリンク

そもそもオーガニックとは?

オーガニックは有機農法と混同される事がありますが、作り方と考え方は同一であるものの指針となるものに違いがあると認識しておきましょう。どちらも愛するペットに有害な化学肥料を使用していないですし、付着し深層部まで染み込んで成分に含有されてしまう農薬は一切使用していません。

原材料についても長期的に摂取し続ける事で悪影響を及ぼす物質が体内に蓄積してしまうことはなく、安心して食材と長いお付き合いをしていけます。

また、生まれつき食物アレルギーを持っているペットは有機農法なら、突如として深刻なアレルギー反応に悩まされてしまうといった心配が無く、愛犬を持つ飼い主としても頼もしくて安心感が得られる優れた製法です。

オーガニックと無添加の違いは?

材料となる物を育てる際に無農薬栽培に拘りを持ち、最終工程に近い段階で行われる加工時にも全く化学的な処理が行われないのが有機栽培ですが、意味合いが似ている無添加との区別が付きにくい場合があります。

無添加というのは着色料や防腐剤という本来の自然界では存在せず、配合される事がない物を配合しないように徹底している事です。いわゆる合成化合物が動物の体の中に入ってしまえば、発がん性物質となり癌になってしまうリスクが高まりますし、各部の機能が低下し活発に動くことが困難になりかつてのように元気な姿を見せてくれなくなってしまう恐れもあります。

オーガニック(有機栽培)は審査を受けなければならない上に、指定のマークを付けなければならないので、信頼性の高さに大きな差異が見られます。

オーガニックドックフードが安全な理由

一般的な製品に比べると割高ですが、その分オーガニック原料で構成されているオーガニックドッグフードは無添加の品よりも安全性が高いですし、栄養価のバランスにも優れています。

化学物質が使われていないのはもちろんですが、原材料の育て方がパッケージに詳しく掲載されているといった特性があり、鶏肉が用いられているのならどのように飼育されたのかがきっちりと明記してあるのです。

さらに、飼育に際して与えた餌が育成時に化学物質が投じられたかといった点にまで掘り下げて知れるので、害となる成分を全く摂り込まないようにすることが可能であり、著しくリスクが下げられるようになっています。

また、本来の風味が残されているので、積極的に食べてもらえて十分な栄養補給が行えるのも飼い主においては嬉しいところです。

 

安全性の高いおすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました