グレインフリーのメリットとデメリットを理解したドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

注目の集まるグレインフリーのドックフード。なぜ愛犬にとって理想的原材料と言われていますが、最近では偏った栄養素は疾患のリスクがあるとも言われています。これらの原因は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

グレインフリードックフードって何?

グレインフリーは犬が消化吸収しやすい 愛犬家の間ではグレインフリーのドッグフードが注目されています。グレインとは穀物のことであり、今までのドッグフードとは異なり犬の健康を考えて、とうもろこしや小麦などを使わず作られているのが特徴です。

穀物が消化しづらい犬の食性

そもそも犬は元々肉食の動物であるのは言うまでもないでしょう。現在市販されているドッグフードの中には穀物を含んでいるものも多くありますが、犬の体質上こういった食事をしっかりと消化吸収することは難しく、体調面で様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

狼を祖先とする犬はお肉の消化は得意ですが、穀物の消化は苦手です。穀物消化に必要なアミラーゼという分解酵素を持っていない事や、腸の長さが草食動物と違うことが原因です。

それに対し、グレインフリーは消化しやすい素材を使いきちんとした栄養を取れると考えられているため、愛犬の健康を大切にしたい人々の間で世界的に人気が高まっているのです。

グレインフリーのメリット

穀物不使用のドッグフードを食べることは犬にとって多くのメリットがあります。人と共に生きてきた犬は雑食に近くなり、飼い主の与える食事はお肉でなくとも食べるようになりました。しかし、犬の食性は本来肉食であり、穀物が使われたドッグフードは消化しづらいという問題が生じます。

消化しやすい原料が主原料

その結果、必要な栄養が十分に摂取できず効率が悪いばかりか、体の負担になってしまうことも珍しくありません。グレインフリーのドッグフードであれば、犬の食性に配慮して作られているため消化しづらいということはなく、栄養面での問題もクリアできます。さらに、元々お肉が好きな犬にとっては嗜好性という点でも食べやすいというところも大きなポイントです。

アレルギー対策

消化率が高いグレインフリーは、アレルギー対策フードとしても優秀です。苦手であるはずの穀物を食べ続けることにより、穀物アレルギーを発症してしまうケースは少なくありません。注意が必要な穀物は「小麦」「トウモロコシ」になります。この2つは食物アレルギーの原因になりやすく、犬にとっては注意が必要になります。

毎日食べるドッグフードが原因で気づかないうちに体調を崩してしまったということがないよう、健康に配慮した食事を与える必要があります。とはいえ健康管理のために何を食べさせればいいのか分からないという飼い主の方も多いでしょう。そんなときに便利なのが穀物不使用のドッグフードであり、アレルギーのリスクを抑えることができます。また、既に穀物アレルギーになってしまった場合でも、グレインフリーなら食べることが可能です。

グレインフリーのデメリット

2019年に発表された論文では「グレイフリードッグフードを食べていた犬が拡張性心筋疾患になりやすい」という報告が上がっています。

拡張型心筋症とは、心室が広がって心臓のポンプとしての機能が低下し、血液が全身に行き渡らなくなるという病気です。悪化すると、脚・腹部・肺などに体液の貯留が生じ、最悪の場合では死に至ります。

今回発表された論文では「特定原料を食べると拡張型心筋症のリスクが上がる」という正確なメカニズムはまだ解明されていません。ただ調査団体は グレインフリーやエンドウマメ/レンズマメと拡張型心筋症には関連があるとみており臨床調査を続けている状態となります。

参考データ:FDA Investigation into Potential Link between Certain Diets and Canine Dilated Cardiomyopathy | FDA
https://www.fda.gov/animal-veterinary/news-events/fda-investigation-potential-link-between-certain-diets-and-canine-dilated-cardiomyopathy

愛犬に合わせたドッグフードを選ぶことが大切

ドッグフード選びに絶対的な正解はありませんが、自然に近い給餌を行うことで多くのメリットがあります。自然世界では獲物となる草食動物の内蔵も貴重な栄養素となります。犬も間接的に野菜、穀物を摂取するのが自然に近い状態なのです。

グレインフリー・グルテンフリーが悪いというわけではなく、犬の食性に合わない多量の穀物や豆類、粗悪な穀物を使わないことが重要になります。

オリジンはグレインフリー代表のフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきS(抜群)
コスパB(良い)
特徴 

オリジンは生物学的に適正な自然なかたちで栄養補給する”というコンセプトのドッグフードです。過去にはペットフードオブザイヤーを三年連続で受賞するなど世界的に認められているフードです。栄養素として優れており、高たんぱく、低炭水化物、穀類一切不使用というものになります。

ピッコロはシニア向けグレインフリーフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(抜群)
コスパA(お得)
特徴シニア向けレシピ

ピッコロは原材料のうち70%がチキンとサーモンです。シニア犬の健康面を十分考慮して、高タンパク質・低カロリーでバランスのとれたドッグフードに仕上げてあります。動物性たんぱく源も多く食いつきもとても良いドックフードです。

タイトルとURLをコピーしました