ドッグフードを食べない時の対策とおすすめフード

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

体調の変化を見落とさない “ドッグフードを食べないというとき、真っ先に疑っておくべきは体に何らかの異常が起きているということです。食欲不振は、ストレスでなってしまうこともありますし、消化器官の病気という可能性もあります。ストレスでしたら遊んであげたり、ストレスとなる物を排除してあげれば、また食べるようになるので心配はありません。

スポンサーリンク

体調の変化を見落とさない

嘔吐や下痢をしてしまうというときには、病気の可能性が高いのですぐに病院へ行って、検査をしてもらうようにしましょう。特に食べたものと一緒に、血の塊などを吐くときには、腫瘍など命の危険がある病気かもしれないので、様子を見ているよりも医師に確認してもらうほうが良いです。原因が何かということを突き止めるためには、吐瀉物をビニール袋に入れて保管しておきます。” 食べるように工夫をしてみる “ドッグフードを食べない理由が、病気ではないのであれば、なんとかして食べるように工夫をしてみるべきです。まずは、人間と違っておやつの習慣を持っていない犬に対して、人間と同じように与えてしまっていたならば、それでお腹が空いていないだけかもしれません。もう、おやつを与えないようにしましょう。

食べるように工夫をしてみる

規則正しい食事をさせたいのであれば、いつまでもドッグフードを残すようであれば、皿を下げて次の食事の時間まで何も食べさせないことです。そうすれば犬にいつまでも食べないとなくなってしまうということを覚えさせることが出来ます。

老犬や子犬は、ドッグフードが食べにくいと事が考えられますから、水でふやかすと食べやすくなります。” ドッグフードを変えてみる “人間は好きな食べ物があるとしても、それを毎食食べ続けると、いずれは飽きてしまいます。それは犬も同様で、同じドッグフードを与えているともう飽きてしまって食べなくなることがあります。

ドッグフードを変えてみる

元々、犬は肉食であり、生のお肉がメインである生き物です。カリカリとした食感のドライタイプのドッグフードはそれほど好きではないのです。
ですから、ドライタイプのドッグフードを続けたいのであれば、せめて複数の種類に用意しておき、日替わりにするなどして変化を持たせる工夫が必要です。そこで、缶詰やジャーキーなどを与えれば、元気に食べるようになるでしょうが、そうなるとドライタイプのドッグフードを食べなくなってしまいます。ここで根負けしてしまわないように、覚悟を決めておきましょう。

食いつき・嗜好性の良い おすすめドッグフード

オリジンはお肉が多く、食いつき抜群

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきS(抜群)
コスパB(良い)
特徴

オリジンは生物学的に適正な自然なかたちで栄養補給する”というコンセプトのドッグフードです。過去にはペットフードオブザイヤーを三年連続で受賞するなど世界的に認められているフードです。栄養素として優れており、高たんぱく、低炭水化物、穀類一切不使用というものになります。

モグワンは嗜好性の高いレシピを実現

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性S(完全無添加)
食いつきS(抜群)
コスパS(かなりお得)
特徴・グレインフリー

長年ドッグフードを扱ってきた企業が開発した、理想の食いつきを研究したドッグフードです。人が食べられる原材料のみを使用し、安全安心なヒューマングレードのドッグフードです。栄養素バランスも犬にとって理想的です。チキンやサーモンを使用することで、食いつきがよく、栄養バランスの優れたドッグフードとなっています。また穀物不使用のグレインフリーとなっていて、消化吸収。に優れています。他のフードと比較して消化吸収も高いですし、グレインフリーによりアレルギー対策としても与えることができます。

ピッコロは食いつきがいいシニア向けドックフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(抜群)
コスパA(お得)
特徴シニア向けレシピ

ピッコロは原材料のうち70%がチキンとサーモンです。シニア犬の健康面を十分考慮して、高タンパク質・低カロリーでバランスのとれたドッグフードに仕上げてあります。動物性たんぱく源も多く食いつきもとても良いドックフードです。

タイトルとURLをコピーしました