アレルギー対策にもおすすめ鹿肉ドックフード

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

鹿肉は他の食用にされているお肉と違い、管理が不十分なことがあります。野生の鹿や猪は、食用に解体するときに病気の有無の検査が義務付けられていません。

スポンサーリンク

鹿肉はそもそも安全?

現在手に入る鹿肉は、ほとんどが自然の中にいるものを罠をしかけて捕獲したり、銃で撃って捕まえています。そのため、野生の鹿である可能性が非常に高くなります。野生の状態ですから、どのように育ってきたかは調べることができません。中には、寄生虫がいたり、なにかの感染症にかかっている鹿もいます。そのような鹿もチェックされることなく、食用に処理されてしまうので、生肉で与えることは避けたほうがよいでしょう。鹿肉を食べさせる場合には、必ず加熱してから与えるようにしましょう。

鹿肉は自然食材

鹿肉は自然食材 手に入る鹿肉は、ほとんどが自然の中で野生として育ってきたものです。他の豚肉や牛肉などは、食用として育てられているため、人間の手によって様々なものが投与されていることがあります。食用のお肉をつくるために飼育していると、狭い場所にたくさんの動物を飼うことが珍しくなく、その結果動物は病気になりやすくなってしまいます。そういったことを防ぐために、抗生物質がよく使われています。また、なるべく早く成長させたほうが利益が大きくなるので、家畜動物には成長剤を投与して、普通よりも早く成長するように促すことがあります。鹿肉は野生の状態で育つので、それらの薬剤を使われていることがありません。そういった意味で自然食材だと言えるでしょう。

鹿肉ならではの高い栄養バランス

鹿肉ならではの高い栄養バランス 鹿肉が他のお肉に比べて特徴的なのが、まず高タンパクでありながら、低カロリー、低脂肪だということです。カロリーはなんと牛肉の半分以下です。他にここまでカロリーが低いものは、鳥のささみくらいです。また、鹿肉には鉄分が豊富に含まれています。鉄分は成長するのに欠かせない栄養分です。特に成長期にはしっかり取っておかなくてはいけない栄養です。そして、鹿肉はビタミンB群を多く含みます。ビタミンB群は、新陳代謝を促し、疲労回復の役割を果たすことがわかっています。成長期にはもちろん、ダイエットをしている時にも、不足しがちなので気をつけなくてはいけません。また、シニア世代になった時にも積極的にとることで、健康を保つことができます。

熟成鹿肉を使ったドッグスタンスがシニア向けでおすすめ

オオカミ同様、犬にも低カロリー高タンパク質の鹿肉がぴったり合うのですが、何度も品種改良を重ねられた現代のワンちゃん達は、野生の動物と違って肉を消化・吸収する能力が落ちています。

そこで、ドッグスタンスの鹿肉は7歳以上のシニア犬が食べやすいように麹熟成(分解)しています。

ドッグスタンスでは麹で肉を柔らかくする昔ながらの知恵を活かして、7歳以上のシニア犬が苦労することなくドッグフードを食べられるように工夫しています。

麹は栄養素を分解する、消化をサポートする、酵素で善玉菌を作り出す、肌の代謝にかかわるビタミン類を生成するなど健康面に役立つ働きをします。

犬も加齢と共に酵素が減少しますから、麹で熟成させた鹿肉を食べさせれば、胃腸の働きを助けることができます。

タイトルとURLをコピーしました