愛犬に手作り食を上げる際の注意事項

手作りドッグフード
手作りドッグフード

最近は犬のアレルギーが増加していると言われています。犬の食事はドッグフードが中心で、ドックフードに含まれている肉類、穀物類、大豆類がアレルギーの原因になっている可能性があります。 ドックフードには、人間が食べずに破棄されている肉が使用されていたり添加物も多く含まれており犬の免疫力が下がっていると言われています。

今からお伝えする内容は、犬がドックフードを食べた後で、犬の口に発疹がでたりします。耳にも症状が現れることもあり、犬はかゆくて、かきむしることもあります。 これは、食物アレルギーがでる症状で外耳炎にかかりやすいことが原因の可能性が高いです。
目の周りのかゆみや涙目、脱毛、下痢などの症状が出てくることもあり、季節によっては、人間と同様で、花粉やダニが要因で発症するアトピー性皮膚炎に状況が似ているので症状がでるまえに動物病院での診療をお勧めします。

この文章を読むことであなたは、市販のドックフードに含まれている食品の成分は裏面に表示されていますが、一部の業者は正しく表示しない業者も存在します。 各社のドックフードを試したけど合わない場合には、自分自身でが安心できる材料で犬用の食事を作ってあげる方法が安全性が一番高いです。 毎日作るとなると手間が増えるのですが、愛犬の笑顔のためならばぜひ心掛けたいです。

一言で言うならば、アレルギーに配慮した安全性の高いドックフードを毎日食べさせたいと思うものです。
犬を飼う側からすると、ドッグフードは安いものを買いたいと考えてしまいがちですが、ワンちゃんは言葉を発せませんので、ドックフードを食べて、アレルギー反応を起こしても明確な症状を説明することができません。 飼い主が犬の健康を掌握して、最高のドックフードを選ぶことが重要なことです。

そのように至った背景を申し上げますと、手作りのドッグフードを作る際の注意点は、
肉や野菜を犬の種類や、体系、年齢に合わせて最適なものを作るということが重要で、特に肉を使う際は、牛肉の脂身を除き脂質を含まないようにしたほうがいいでしょう。 豚肉を使う場合は加熱処理をしてから調理してください、鶏肉を使う場合には骨を取り除き与えるのがポイントです。他の肉は特に問題はありませんが、缶詰製品を調理する際は塩分量に注意してください、またできれば味付けされていない製品を使いましょう。

ポイントを、お伝えすると、添加物が体に良くないことは私たち人間の間では常識として知っていますが、添加物とには酸化防止剤や着色料、防腐剤や保存料などの人工的に作られた体の成分に悪影響をあたれる化学添加物です。 見た目を良く、食べ付き良くするために、大量の油分で香りを付けることで、その油が酸化しないための成分として保存料が使われています。
添加物で減ってしまうビタミンなどを、足すために人工的な栄養素を入れたりして、添加物として使われている防腐剤には、発がん性物質などの危険性が高いものが含まれています。 最終的に、添加物は体内に有害物質として蓄積され、突然アレルギー症状としてあらわれる場合があり注意してください。

ドッグフードのアレルギーについてですが、ドックフードに含まれている成分から発症することが多く、防ぐには愛犬の健康状態を自分自身で把握するとともに、愛犬の食事は犬に合わせて食べさせたいものです。

安全なドックフードは、獣医さんやペット栄養管理士、信頼できるペットショップスタッフが推奨しているドッグフードであるということです。
食物アレルギーは、多くの犬が持っており、アトピー性皮膚炎は10%の犬がアトピーと言われています。ちなみにアトピーの犬は約半数が食物アレルギーを併発しており、アレルギーで苦しんでいる犬は多くいます。 何を使っているかと同時に、新鮮な食材か、食材の信頼性は高いか、という点を始め、安全性が高いか、獣医師が推奨しているかで、獣医師が推奨できるほどドッグフードの安全性は高いです。

アレルギー皮膚炎は、強いかゆみがあり病気です。部分的だった症状が、重症化して全身に症状が現れるようになり、アレルギー性皮膚炎だけではなく、他の病気も併発してしまいます。対策として、できるだけ早くアレルギー症状を緩和して、アレルギーの疑いがある場合は今食べているドッグフードを変えることをお勧めします。

スポンサーリンク

愛犬が喜ぶ、おいしいドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。

タイトルとURLをコピーしました