調子悪いのは過剰な穀物かも。ドッグフードの穀物に要注意!

ドックフードの安全安心
ドックフードの安全安心
スポンサーリンク

ワンちゃんが食べてはいけないドッグフードはあります!

 
安いドッグフードを与えたら、便の状態が悪くなった、食が進まなくなったということはありませんか。
それはもしかすると、ドッグフードに穀類が入っていることが原因かもしれません。過剰に入っている穀類は、犬にとって不要なのなのです。今回は、ドッグフードに含まれている穀類についてご案内します。穀類が犬にとってどのような影響を及ぼすのか、どのようなドッグフードが適しているのかについて理解を深めることで、犬の健康維持し犬の医療費を抑えることに繋がってきます。
 

何故グレインフリーなのか

犬にとって穀物はどのようなメリット・デメリットがあるのかについてご説明したいと思います。最近、グレインフリーのドッグフードが多く出回っていると思います。穀物には、炭水化物が多く含まれています。炭水化物は、体内で糖質に分解され、体を動かすためのエネルギー源となります。しかし、糖質の取り過ぎは、血糖値を上昇させて脂肪蓄積の原因となるのです。
 
人間にとって糖質は、脳に必要な栄養となりますが、犬にとっては殆ど必要のない栄養です。犬の祖先は、肉食動物のオオカミだと言われています。体の基本的な構造は、肉食動物とあまり変わっていません。そのため、たんぱく質を消化する能力は非常に高いのですが、穀類を消化する能力は非常に低いという性質を持っています。
 
犬の唾液には、糖質を分解するアミラーゼが含まれていませんし、腸も短いので穀物を消化するのが得意ではありません。炭水化物は、どんな食材にも多少は含まれていますので、ドッグフードを与える場合は、敢えて穀物を与えるのではなくたんぱく質や脂肪をメインに与えることをおすすめします。ドッグフードを購入する際には、値段を重視するのではなく、成分表示を見て穀類が配合されていないことを確かめましょう。
 

穀類アレルギー

犬にとって1番必要な栄養は、動物性たんぱく質です。具体的には、鶏肉、ラム、鮭などの肉や魚となります。鶏肉、ラム、鮭などは、吸収性が高いためよくドッグフードでも使われています。
 
成分表示の1番上に書かれている材料が、最も多く配合されているものとなります。そのため、動物性たんぱく質が1番上に書かれているかをよく確認してから購入して下さい。安いドッグフードの成分表示を見ると、小麦やトウモロコシなどの穀類が必ず上位に表示されています。これは、安い穀類を混ぜてかさ増しするためであって、犬にとっては迷惑でしかありません。
 
また、穀類が多く含まれているドッグフードはグレインフリーのドッグフードよりも賞味期限が長く長期保管ができるので、飼い主にとっては経済的で楽です。しかし、犬によっては穀類アレルギーを起こす場合もありますので非常に危険です。
 
目の周りが赤くなる、毛艶が悪くなる、体を痒がるなどの症状が頻繁に現れたら穀類アレルギーを疑ってみて下さい。そして必ずかかりつけの獣医に診てもらってアレルギー検査を受けましょう。アレルギー検査をすることで、今後与えてはいけないドッグフードを特定することができるようになります。
 

まとめ

ドッグフードを選ぶ際は、パッケージに目を奪われがちです。しかし、裏面に記載されている原材料や保証成分をよく読むことが大切です。犬は、人間の6倍のスピードで成長するので、毎日食べる食事の原材料の種類と量、栄養バランスは非常に重要です。
 
犬は、よく噛んで食べない上に穀類に含まれている炭水化物の消化が苦手ということを覚えておきましょう。それから、肉や魚といっても新鮮で餌や飼育方法が把握できる原材料を使っているドッグフードを選んであげて下さい。家禽類やチキンエキスなどと表記されている場合は、怪しいと思って正解です。



安全性の高いおすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました