シニア犬のドッグフードをぶ時の注意点とおすすめフード

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方
スポンサーリンク

シニア犬のドッグフードをぶ時の注意点

犬は、7歳を過ぎたら、シニアの年齢になります。大型犬、中型犬、小型犬によってドッグフードの種類や食べさせる量も変わってきますが、高年齢に達したわんちゃんは、しっかりと食事内容にも気を遣ってあげないと、思わぬ病気や内臓に負担がかかってしまいますので、注意が必要です。

今からお伝えする内容は、あなたの愛犬がこれからもずっと元気で、飼い主様と幸せな生活を続けられる様なご飯の種類や栄養素などについて、詳しくまとめます。
愛犬の食事を年齢層にに併せて与えて上げる事により、わんちゃんは、健康を維持することが出来て、病気も未然に防ぐ事が出来ますので、あなたは、獣医さんにかかる回数も減ります。
それでは高齢犬の食事のポイントを2つ見ていきましょう。

シニア犬に大切なタンパク質のクオリティ

1つめは、肉材料の割合の多い、グレインフリー等のフードがお勧めです。
消化能力の落ちた高齢犬に、必ずしも穀物をとらせる必要は有りません。特に気をつけなければいけない事は、タンパク質の質を上げることです。

具体的にご説明すると、着色料や副産物が含まれていない物を選びます。値段の安い物や外国産のフードを食べさせ続けると消化機能に支障をきたすだけでなく、血液の病気にかかることもあり、血液の数値が下がってしまうと、他の犬からの輸血が必要になったり、一般の獣医さんでは手に負えない大病を引き起こし、大学病院で1か月以上の治療や手術が必要になる場合もあります。

ですので、高齢犬に与えるフードは、肉や内臓の割合が高い物を選び、消化吸収がスムーズに出来るものが良いです。さらに、肉の他に魚や、緑黄色野菜が含まれている物が、栄養バランスに偏りがなく、安心して与える事が出来ます。

正確なカロリー計算でシニア犬の肥満予防

2つめは、きちんとしたカロリー計算を行うことです。
例えば、成犬で1日455.7kmlのカロリーを摂取していたわんちゃんの7歳以降の必要カロリーは、1日に必要なカロリー量÷ドッグフード100gあたりのカロリー量×100です。 これを計算式当てはめると下記のようになります。

300kcal/100gのエサの場合
455.7÷300×100=151.9g/日

この計算式により理想的なフードのカロリー摂取量がわかります。毎日のご飯をちょっと気をつけてあげるだけで、愛犬の健康を維持出来ますし、この子の寿命も引き延すことも可能です。飼い主様がわんちゃんの体格や食事の好みに合わせて良質な物を与えると長生きして、幸せな時間を友に過ごす事が出来ます。

シニア犬におすすめドッグフード犬

ここからはシニア犬におすすめできるドックフードを2つご紹介します。消化率とタンパク質にこだわったフードを選ぶことがポイントになります。

ドックスタンスは老犬に最適

シニア犬が健やかな毎日を送るために研究開発された鹿肉ドッグフードです。麹(こうじ)熟成させた鹿肉を配合したドッグフードです。麹の力で健康長生き、シニア犬には熟成鹿肉のドッグスタンスがおすすめです。

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきS(抜群)
コスパA(お得)
特徴・麹熟成した鹿肉使用

ピッコロはシニアに必要な要素を備えている

ペット先進国イギリスで開発されたピッコロです。シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(抜群)
コスパA(お得)
特徴・麹熟成した鹿肉使用
タイトルとURLをコピーしました