ニュージーランド産ドッグフードの魅力

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方
スポンサーリンク

ニュージランドは食材の宝庫

農業大国のニュージーランドで作られる自然素材のみを利用したドッグフードです。ニュージランドの食肉は人間用であっても高品質で、かなり高値です。

ニュージーランドは「国民よりも羊の数のほうが多い」と言われるくらい農業、酪農が盛んな国です。日本と同様島国で海産物にも恵まれた土地です。

世界一の輸出量を誇るニュージーランド産ラムは、安全性が高いことが有名です。
一切人工飼料を与えず、放牧で育てており高い品質となります。

またニュージーランドは、シカ肉に関してもで世界最大を誇ります。ニュージーランドでは他国と比べ、進んだ飼育技術を保有しています。

シカを広大な自然に放牧してストレスを可能な限り取り除きます。筋肉を強化して余分な脂肪分はつかないようにしています。もちろんステロイドやホルモンなどの長育成剤は一切使用されていません。肉自体に含まれる合成化合物は殆どないと言ってもいいです。
また、他の動物の肉や肉骨粉などをシカに与えることは違法とされています。

完全天然素材はオーガニック認定がない?

しかしニュージーランド産の食材は高品質なのにオーガニック認定がついていないことがあります。

なんでと思って聞いたことがあるのですが、海で取れた貝や、山に放牧された牛や羊はオーガニック認定が取れないのです。理由としては海や山で絶対に人工物を摂取していないと言い切れないといものです。(100%管理された状態ではないため仕方ないそうです。人間でも同じ。)しかし実際の食品は圧倒的クオリティです。

ニュージーランド産のドッグフードはどんな物があるか

ニュージーランド産のドッグフードは超高品質
ドッグフードの原材料もその人間用のものと全く同じものを使っています。原材料のグレードとしては「ほぼオーガニックレベルの原料」をつかっています。

使われている素材も添加物、保存料は不使用が当たり前です。100%ニュージーランド原料となっており人間でもめったに食べられないくらいの高品質食材なのです。
日本で流通しているものだと2種類のニュージーランド産ドッグフードがあります。

ブッチドッグフードはニュージーランド原料使用

日本で珍しいチルドタイプのドッグフードになります。
先述の通り世界でいちばん環境規制が厳しいニュージーランドの原材料をバランス良く配合しており、低温加熱とパッケージ包装で、犬の健康維持に必要な栄養成分をたっぷり含んでいます。
犬は基本肉食獣なので、ブッチは生肉を想定してチルドタイプの製品となっています。
またチルドタイプとなっており、犬の健康に必要なビタミン・ミネラルや風味が損なわれていますが、ブッチドッグフードは15分以内に摂氏80℃~98℃で加熱後、すぐにパッケージ包装することで、栄養や食材の匂いを限り損なわない製法を取り入れています。

公式サイト:ブッチジャパンインク


ジウィピークはニュージーランドの素材と工場で作られる

一つがジウィピークというセミモイストのドッグフードです。
世界でも特殊なエアドライ製法という製法を用いています。そのためドッグフードの仕上がりはジャーキーのような食感になります。これが熱を全く加えておらず、風味だけでなく、酵素、ビタミンまで取ることができます。一般的なフードでは加熱による殺菌でなくなってしまう栄養素を取ることができるのです。

98%が動物性タンパク質になっており他のフードでは真似出来ないレベルの内容です。肉食である狼から進化している愛犬たちは基本的にお肉の消化が得意です。人間と違い穀物が苦手です。そのため最高レベルのドッグフードを考えるとこういったフードに行き着きます。また動物性原料のみだと実はお肉だけ食べていると栄養が偏ります。その為このフードは動物の内蔵(トライプ)も原料に入れ込んであります。そうすることで本来狼が食べていた原料と全く同じ、更に栄養学的に見ても完璧な栄養素を兼ね備えたフードが出来上がります。

詳細ページ:ジウィピークがオススメの理由

タイトルとURLをコピーしました