愛犬の涙やけを治したい!原因と予防できるドッグフードおすすめ3選

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方
犬と一緒に生活していると楽しいことも多くありますが、どうしていいかわからないことも多くありますね。犬は人と違う体の構造をしているので、人間にはない悩みだったり症状が出ることがあります。今回は”涙やけ”に焦点を当てたいと思います。
スポンサーリンク

涙やけとは?

涙やけとは犬の目の周りが赤茶色くなってしまい、拭いても取れな状態のものです。よくあるのは目ヤニだけでなくて、毛の色まで染まってしまっている状態のものですね。こうなってしまうと、生え変わるまで待つか、切ってしまわないとすぐに見た目を改善することは難しいです。涙やけ対策グッツとか重曹で取れるとか言った話もありますが根本的解決になっていません。これは見た目を改善するためのものですね。ですので基本的な解決方法は”体質改善による予防”になります。ここでは涙やけの原因から改善するためにはどんなことをすればいいのか、体質改善はどんなフードを選べばいいのかを見ていきます。

涙やけの原因は粗悪なドックフードなの?

涙やけは涙で毛が濡れている状態が長く続き、変色してしまうものです。そのため「通常より過剰に涙が流れている」もしくは「涙の循環がうまくできていない」場合に涙やけの症状になります。この涙の量に関する問題をまずは確認していく必要があります。 よく原因とされるポイントをチャックしていきましょう。

目に毛が入りやすい、ゴミが入りやすい場合に涙やけになる

目に物理的な刺激があり、常に涙が出てしまう状態です。そのため過剰な分泌になり涙やけが発生します。目の大きい子はゴミが入ることも多く、特に小型犬は地面からの距離が近く、舞い上がったホコリなどもどんどん入ってしまいます。ですので顔の毛やまつ毛が入らないようにトリミングをする。部屋の掃除をこまめにするといったことが改善方法になります。

涙腺、涙管などに問題がある場合に涙やけになる

目を確認したけど毛も入ってないし、何で?となると次は涙を生成する涙腺などを疑う必要があります。通常であれば涙は目と鼻を”鼻涙管”を通って鼻に抜けるため問題ないのですが、ここに異常がある場合は涙が適切にコントロールできず、目から涙があふれてしまいます。そのため涙が流れず過剰になってしまう状態になります。鼻涙管閉塞による流涙症と言われるものです。子犬の頃から目やにが多かったり、涙の量が多いかもと思い当たる場合は一度病院で見てもらうことをおすすめします。

水分不足による場合に涙やけになる

水分不足になることでも涙やけになることがあります。水分不足になると尿による老廃物の排泄がうまくできなくなります。そうなると老廃物が体内でうまく処理できず、涙腺、鼻涙管などに影響をあたえることがあります。つまり老廃物が鼻涙管が詰まる状態になります。鼻涙管閉塞の状態になります。こうなると涙の過剰分泌につながり涙やけになります。ワンちゃんの尿の色などを見て適切な色か、濃くなりすぎていないかなどをチェックしてみましょう。

食べ物が合っていない場合涙やけになる

おそらくこれが最も多い原因になります。主な原因は犬が消化ができないものが鼻涙管に影響が出るパターンです。この場合は消化しきれない栄養素が鼻涙管に蓄積しつまります。そうすることで涙の通り道が塞がれて、涙が目から溢れてしまいます。この消化できないものには様々あります。
涙やけ原因の可能性があるものは大きく分けて次の3つです。
  • 人工添加物・・・保存料、酸化防止剤
  • 未消化穀物・・・小麦などの穀物
  • 未消化蛋白・・・ 質の悪い肉、消化が苦手な肉
基本的にはドッグフードを改善することで解決できます。(つまり普通のドッグフードは犬の消化に向いてないんですよねぇ・・・)

涙やけにならないための体質改善はドックフード

ここでは主にどんなフードを与えればいいのかを解説していきます。考えればいい部分は3点です。この3点を見ていくために原材料表を見ながら原因を探っていきます。皆さん御存知の通り「原材料表は含有量が多いもの順」に記載してあります。こうすることで食べ物の何が原因で涙やけになっているのかを見ていきます。最後に涙やけ対策フードを幾つか紹介しておきます。自分で選ぶ自信がない人はこちらから選んでみてください。

人工添加物(保存料、酸化防止剤)を使ってないドックフードを選ぶ

ドッグフードのトレンドとしては人工添加物をできるだけ使用しないことが望ましいとされています。しかしまた多くのドッグフードには使われていることが多いです。その人工的な添加物は主に保存料、酸化防止剤、着色料の目的で入れられていますが、哺乳類は消化や排出がうまくできません。人間の食用では使用量が厳しき制限されていたり、そもそも使用禁止のものがあります。そういったものがあると体内で処理できず様々な悪影響が出ます。涙やけもその症状の一つです。至急原材料表を見て次のものが入ってないか確認しましょう。
  • エトキシキン
  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
  • 赤色3号
  • 赤色40号
  • 赤色102号
  • 赤色105号
  • 青色2号
また、原材料の質も見る必要があります。例えば原材料に「エトキシキンが入っている鶏肉」が使われていた場合、そのドッグフードにもエトキシキンが入っていることになります。製造工程でなくなることはありません。そのため原材料が「飼料用」のものでなく「ヒューマングレード(人が食べれるレベルのもの)」、「オーガニック」など安全性の高いものを選ぶ必要があります。
*補足:添加物が全て悪ではありません、極力天然のものを使うなどすれば影響は最小限になります。念のため。

消化しづらい穀物を避けてドックフードを選ぶ

犬は狼を祖先に持つ動物です。そのため本来穀物(小麦、米など)は消化が苦手です。消化が苦手なだけでなくアレルギーとしても発症しやすい食べ物です。そのため与えることを避けるほうが懸命です。涙やけになっている場合はどの穀物が一番入っているか確認しましょう。穀物の上位に小麦があるのであれば小麦が入っていないフードを与える。米が多く入っているフードを与えているのであれば、米からライ麦に変えてみるなどフードを選ぶ必要があります。できればグレインフリーといった穀物不使用のフードを試してみましょう。

消化しづらいタンパク質を避けてドックフードを選ぶ。

何回も繰り返しになりますが犬は元々肉食の動物です。(超大事なのですコレ。)ですので基本的に高タンパクの食事、お肉が主原料のフードになっている必要があります。なのでまず主原料がお肉になっているか確認しましょう。このタンパク源が穀物の場合(原材料表の1番、2番に穀物の表示)はまずお肉が主原料のものに変えます。
次にお肉が主原料の場合はお肉の種類を変えてみましょう。ワンちゃんによっては消化が得意なお肉が違ったりします。一般的にチキンは消化しやすいと言われますが、苦手な子もいたりします。ここは様々変えてみましょう。
まとめると次のようになりますね。
  • 人工添加物の入ってないもの。
  • ヒューマングレード以上の原材料を使用。
  • 穀物を変え、グレインフリーにする。
  • 穀物が多く入っている場合はお肉中心のフードにする。
  • お肉の種類を変えてみる

涙やけ予防になるドッグフード3選

 これらを考えて選んでいく必要があります。さぁここで問題なのが結局どれを選べばいいのという話。私も様々お客様はペットショップの方とお話しましたが、多くのドッグフードから選ぶのはなかなか骨が折れます。ですので条件を満たしていて、涙やけを改善したとよく声を聞いたドッグフードをご紹介しておきます。

老舗日本メーカーが企画した「モグワン」

実現したい「グレインフリー」、「ヒューマングレード」、「オールナチュラル」を兼ね備えたフードを中心に紹介していきます。株式会社レティシアンというプレミアムドックフードを長年輸入していた企業ですが、ドッグフードの質を追求してとうとう自社開発したフードです。グレインフリー・生肉使用!プレミアムドッグフード『モグワン』原材料を見ても申し分ない内容ですね。 ※原材料はこちら
原材料表を見るとわかりますが、第一原料はチキン&サーモンで動物性蛋白質。さらに魚は消化吸収しやすいため問題になることは殆どありません。原材料の中にも穀物がないので問題ありません。

アランズは消化がよく涙やけ対策できるフード

消化が良い、成犬向けフードです。アランズは高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用の商品もありますが、アランズは自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう設計されたドッグフードです。

消化が良いドックフードの為、不純物や未消化になる原料が少なく、涙腺を詰まらせるようなものが少なく設計されています。

「このこのごはん」は涙やけにも最適

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

この老廃物を貯めこまないように設計されている部分が、涙やけ対策に最適です。小型犬にはぜひおすすめのドックフードです。

タイトルとURLをコピーしました