老犬がドッグフード食べない、身体の衰えなどが原因

シニアダックスフンド愛犬の健康チェック
愛犬の健康チェック

7歳以上の年齢になると犬は老犬という範囲に入ります。人間よりも急速に老化してしまう生き物なので、老犬になってしまった際には、飼い方全てを見直す必要もあります。

スポンサーリンク

老犬(シニア犬)が食べなくなる理由

老犬で多い傾向にある内容ではドッグフードを食べないという状態になることも決して珍しくありません。その理由はいくつか考えられますが、

体の衰えによる食事量の変化

歯で噛む力が衰えてしまうことや、喉をドッグフードが上手く通過しない状態になることも多いようです。運動不足になっている老犬でも身体機能全般が衰えてしまい、次第に食欲が落ちてしまうことも考えられます。

ドッグフードへの偏ったこだわり

他にもドッグフードに対するこだわりが強くなっているという可能性もあります。以前に食べたお気に入りのドッグフードを好むようになり、他の種類では興味を持たなくなることもあるので、十分に観察したり普段の好みを覚えておくことも大切なことです。人間でも高齢者になると若かりし日よりも食欲や食事量が減ってしまうことは当然のことです。
老犬でも同じ状態になるので、加齢による自然的な食欲減退はある意味では仕方のないこととしても考えられます。

匂いがわからずドッグフードに魅力を感じない

犬の場合は匂いを嗅ぐ能力が非常に優れていることも特徴です。嗅覚や臭覚を失ってしまうことで、ドッグフード本来の魅力を感じない状態に入ることも理由になります。

老犬(シニア犬)が食べない際の対処法

そうは言っても放置する訳にはいかないので、何かしらの対策を行うことが必要です。普段から食べているドッグフードに少量のお湯などを混ぜて温める方法や、ドライフードをメインにしてきた場合は、半生状のものやウェットフードに切り替えてみることも卓策としては有効です。それでも食べない場合は手作りをしてみる方法もあります。魚や肉、野菜類などを細かく刻んでドッグフードに混ぜてみて、更にお湯やミルクなどを利用して温めることで興味を持ってくれる可能性はあります。どうしても食べない状態に陥ってしまうと、体力が極端に落ちてしまいます。放置せずに日頃から愛犬の健康チェックをしながら、不測の事態が起きてしまう前に動物病院に連れていき、指導を受けることも老犬には欠かせません。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。

タイトルとURLをコピーしました