半生ドックフードの安全性、添加物に注意して選ぶ

ホワイトバックと黒い犬ドックフードの安全安心
ドックフードの安全安心

ドッグフードは半生タイプも見かけますが、どのような点に気をつけて選べばいいのか良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

セミモイストフード(半生)は添加物が多い

愛犬のための毎日の食事となりますから、危険性がないのかどうかは気になるものです。柔らかな状態を維持するために、保存料などの添加物は通常より多く含まれています。そのままの状態だと水分が多いので、腐敗もしやすくカビも生えやすいので、湿潤調整剤や防カビ剤の配合がされているのです。ドライフードの食いつきが悪いと悩んでいる飼い主の方に人気があるのですが、購入する前にはパッケージを良く見てどのような材料が使われているので、添加物は何が使われているのかを自分たちで確認することも大切です。

半生フードに含まれる要注意の添加物

少しでも安全性の高いものを選んであげたいと思うのであれば、やはり何が含まれているのかは細かくチェックしていく必要があります。半生タイプだと、防腐剤であるソルビン酸カリウム、湿潤調整剤はプロビレングリコール、酸化防止剤はBHAやBHT、エトキシキンなどが記載されていると要注意です。製造上使われているのは仕方がないことですが、少しでも添加物の量が少ない、または使っていないものを選ぶということは飼い主側で出来る配慮です。

購入する際のポイント

他にも、大容量タイプを購入するのではなくて、一食ずつ与えることが出来る小分けタイプになっていると、開封したら食べ切りなのでそのまま保存に悩んでどんどん酸化して悪くなるということも避けられます。

アレルギーにもなりやすいとは言われているので、もしも愛犬のお腹の調子やアレルギー等の懸念があるのであれば、念のためかかりつけ医に相談して与えても良いのか確認しておくとよいでしょう。また、脂質が従来よりも多いので、毛ヅヤが出て綺麗になるのは良いのですが、もしもダイエットを考えているのであれば量を加減するか控えて別のドッグフードにしてあげましょう。健康に美味しく食べられるものを選んで、楽しい生活を一緒に送って下さい。

安全性が高く、食いつきの良いおすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました