犬にチョコレートをあげてはいけない理由

たたずむビーグル犬手作りドッグフード
手作りドッグフード

犬に食べさせてはいけない食品はいくつか存在しますが、そのなかでもチョコレートは代表的なものです。バレンタインのシーズンなどに、飼い主が置き忘れたものを食べてしまうような事例が見受けられます。そのような事態を防ぐためにも、どうして犬にとってチョコレートが危険なのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク

チョコレートのなにが犬にとって良くないのか

実はチョコレート全体に問題があるわけではなく、その一部であるテオブロミンと呼ばれる成分が原因です。犬は甘い味に興味を示すことが多く、この成分が入っていても気にすることなく食べてしまいます。その結果、激しい中毒症状に陥ってしまうケースが少なくありません。上記の成分はカフェインなどと同種であり、神経を興奮させたり利尿作用をもたらしたりするものです。人間の場合はたくさん摂取しても、体調が著しく悪くなるケースはほとんどありません。むしろチョコレートの糖分の過剰摂取のほうが問題になるぐらいです。しかし犬の場合は、そのような影響が人間よりもはるかに色濃く表れてしまいます。

チョコレートを食べてしまった場合の症状

具体的には、嘔吐を繰り返したり下痢が止まらなくなったりするのです。いったん体内に入ってしまうと、人間と違って容易には分解されません。つまり有害な物質として、体内に長期にわたって留まることになります。それを何とか体外に排出しようとして、嘔吐や下痢が頻発するというわけです。健康体に戻るための現象であるとはいえ、犬にとってはとても負担が大きな状態が続くことになります。もし上手く体外に出ていったとしても、体力まですぐには回復しません。したがって、当面の間は安静にさせるような気遣いが求められます。
また、たくさん食べてしまって症状がひどい場合は、けいれんしたり呼吸が不自然になったりすることも多いです。放置していると命を失うこともあるため、できるだけ早く動物病院に連れていきましょう。普段は、見ただけではチョコレートが入っていると分からないパンなどを与えないように気を付けることも重要です。



愛犬の健康管理におすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました