犬はみかん食べても大丈夫?リスクと注意点まとめてみた

手作りドッグフード
手作りドッグフード

犬や猫には人間とは違うアレルギーがあり、人間が食べても害の無い食べ物でも犬や猫には命取りになることがあります。
愛するペットが人間の食事時に物欲しそう目をしていたら、ついつい与えてしまいがちですが、そこは心を鬼にしなければなりません。

スポンサーリンク

犬には食べれない食材が多数ある

犬にタマネギを与えると血液中の赤血球を壊す成分に反応して血尿が出ること、生の甲殻類やイカ、貝類でビタミンB1欠乏症を引き起こすことは愛犬家の間では有名です。これらの他にもぶどうで中毒症や腎臓障害の原因になることは知られていますが、意外と柑橘類にアレルギーを起こすことは知られていません。

みかんなどの柑橘類には犬のアレルギーリスクがある

みかんをはじめ柑橘系の外皮には犬にとって中毒性のあるソラレンという物質が含まれており、このソラレンでアレルギーを起こしてしまうのです。
ではみかんは果肉ごと全て与えてはいけないのかというとそうではなく、夏場などビタミンCが不足しやすい時期に与えるのはむしろ与えた方が健康になります。その場合は皮や種を取り除き、みかんの果肉部分だけを与えましょう。

ただし熟していないみかんにはアクの成分であるアルカロイドの毒があるため、必ず熟したみかんにします。
みかんにはビタミンCだけでなく水分も豊富に含まれているので水分補給にもなりますが、チワワなどの小型犬には与え過ぎると下痢になるおそれがあるので、与える量には注意が必要です。

柑橘類のアレルギーが疑われたら、すぐに病院へ

皮や種に注意していてもアレルギーを起こすようなら、それはその犬がみかんアレルギーの可能性もあります。
近年は柑橘類に限らず果物のアレルギーが人間にもペットにも増えており、湿疹や呼吸不全を引き起こすからです。
みかんを与えてみて湿疹や下痢をしたり、口周りや舌などが真っ赤に腫れたら柑橘類へのアレルギーがあるかもしれないので、その場合はすぐに与えるのをやめて獣医の診察を受けましょう。老犬などで薬を飲んでいる場合も、柑橘類のフラノクマリンという成分が薬の効き目を強くさせすぎるため、与えてはいけません。

犬の健康におすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました