柴犬に多い皮膚炎と肥満に対応したオリジンドッグフード

ドッグフード情報
ドッグフード情報

日本犬の中で根強い人気を誇り、海外でも人気のある犬種として有名な柴犬。そんな柴犬にはどんなドッグフードがいいのだろうと悩んでいる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、柴犬にお勧めしたい「オリジンドッグフード」をご紹介します。

柴犬に多いトラブル

柴犬に合うドッグフードを考えるときに、まず柴犬によく見られる健康トラブルを念頭においてみましょう。人も犬も、摂取した食べ物の栄養素を利用して体が作られていて、食事と健康は深い関わり合いがあります。

ドッグフードで少しでも愛犬の体調や、病気のリスクが減るのであれば気遣ってあげたいものですよね。柴犬に多い健康トラブルを理解して、適したドッグフード選びの指標にしましょう。

皮膚炎

柴犬に特に多いトラブルが皮膚炎です。柴犬はアレルギーを持っている犬が多く、愛犬の皮膚トラブルに悩んでいる飼い主さんも多いもの。

アレルギーの原因カビやダニ、花粉、ハウスダウスト、食べ物など様々です。食べ物アレルギーの場合は、何がアレルギーの原因になっているか突き止め、その食べ物が含まれていないドッグフードを与えることでアレルギーを抑えられます。

また、花粉やハウスダストなどが原因となっている場合には全て取り除くことは難しいものです。そんなときには炎症作用を含む原料を使用しているドッグフードや、皮膚のバリア機能を高めるドッグフードがおすすめです。

太りやすい

太りやすい子が多いのも柴犬の特徴です。少しコロっとしているくらいがかわいいと思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、あまり太りすぎると色々な健康トラブルの引き金となってしまいます。

昔は屋外で飼育され、自由に駆け回り運動量が多かった柴犬。現代では室内で飼育されているケースも多く運動不足になりがちで太りやすいのです。

太ると体重を支える足の関節にも負担をかけ、関節炎などのトラブルにもなりますので適正な体重を保ってあげることが必要です。太りやすい柴犬のドッグフードは、脂質やカロリーにも気を配ってあげましょう。

「オリジンドッグフード」を柴犬におすすめする理由

「オリジンドッグフード」は柴犬を飼っている飼い主さんにおすすめしたいドッグフード。気になる柴犬の健康トラブルを予防するのに最適な食事です。

アレルギーの原因となりやすい穀物を排除

「オリジンドッグフード」は、「祖先は肉食であったオオカミの血を引いている犬は、動物性のタンパク質を摂取することが重要」だと考えています。

より自然に近い食事環境を目指し、肉85%、果物と野菜15%、穀類0%の比率で犬にとって「生物学的に適正」なドッグフードを作っています。

穀物とは、小麦・トウモロコシなど。特に現代は小麦アレルギーに悩む犬が多いものです。「オリジンドッグフード」は穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードなので、穀物アレルギーが心配な愛犬にも安心して与えられます。

アレルギーとはコップに水を注いでいくようなもので、アレルゲン物質や生活環境、体調など様々な要因が加わり、溢れたときに症状が出てしまいます。アレルギー体質を持っていやすい柴犬には、アレルギーの原因となりやすい原料を控えることで、アレルギー発症のリスクを抑えられます。

また、穀物不使用のドッグフードは犬にとって消化・吸収がしやすいもの。消化・吸収がしやすいと腸内の環境が整います。腸は免疫細胞が多く集まっている場所ですので、腸内の環境が改善することで免疫機能のアップも期待できます。

免疫機能がアップすると皮膚のバリア機能も上がりますので、乾燥や外部刺激から皮膚を守ってくれ、皮膚炎対策としても効果的です。

DHA ・EPA配合で皮膚炎にも配慮

DHA ・EPAはオメガ3脂肪酸に分類され、体内で合成できない必須脂肪酸です。そのため食事から摂取する必要がありますが、「オリジンドッグフード」はDHA ・EPAが豊富に含まれています。

このDHA ・EPAには炎症を抑える効果があるとされています。皮膚炎が気になる愛犬にはDHA ・EPAを含む「オリジンドッグフード」がお勧めです。

豊富なタンパク質で適正な体系を維持

タンパク質は、筋肉や血液をはじめ、皮膚・被毛、体のあらゆる細胞を作り出すために必要な重要な栄養素。タンパク質が不足すると筋肉が落ち、筋肉が落ちると代謝が落ちてしまいます。

「オリジンドッグフード」はタンパク質の含有量が38~44%と、高タンパクなドッグフードです。タンパク質の元となる原料には、ジャガイモやエンドウ豆などの植物性のタンパク質ではなく、新鮮な肉を使用。

そして、「生物学的に適正」なドッグフードを目指す「オリジンドッグフード」は原材料の85%以上が肉。これは一般的なドッグフードの3割以上にもなります。

「オリジンドッグフード」は豊富なタンパク質でしっかりと筋肉をつくることができ、適切な体型維持をサポートしてくれるドッグフードです。

柴犬にお勧め「オリジンドッグフード」2選

優れた栄養バランスを持つ「オリジンドッグフード」。多くのラインナップがありますが、特に柴犬にお勧めしたいドッグフードを2つご紹介したいと思います。

皮膚トラブルを持つ愛犬には「オリジン6フィッシュドッグ」

アレルギーの原因となりやすい穀物を使用していない「オリジンドッグフード」ですが、アレルギーの原因になる原料は穀物だけに限りません。

中でも比較的よく見られるものが、チキン・ポーク・ビーフなどの肉類に対するアレルギー。せっかく良質な肉を多く含むドッグフードを選んであげてもアレルギーを持っていては食べさせられませんよね。

そこでお勧めしたいのが「オリジン6フィッシュドッグ」です。新鮮な魚を原材料の85%も使用。3分の2は乾燥させていない生の魚の肉を使っています。

魚にはDHA ・EPAといった必須脂肪酸が豊富に含まれています。「オリジンドッグフード」のラインナップの中でも「オリジン6フィッシュドッグ」は特にDHA ・EPAの含有量が高いので、炎症を抑える効果が期待できます。

魚はアレルギーを起こしにくい原材料とされています。肉類にアレルギーを持つ愛犬や皮膚トラブルが気になる柴犬にお勧めのドッグフードです。

体系維持にお勧め「オリジンフィット&トリムドッグ」

太りやすい柴犬にお勧めしたいのが「オリジンフィット&トリムドッグ」です。体重が増えがちな犬には炭水化物とカロリーの制限が必須。

筋肉を維持し、代謝をあげるためにも高タンパクな食事が必要になりますが、「オリジンフィット&トリムドッグ」は低カロリーで高タンパクな鶏肉と七面鳥を主原料として使用しています。

ただカロリーを抑えただけの食事では栄養不足になり、筋肉量も落ちて不健康な痩せ方になってしまいますが、低カロリーで高タンパクの「オリジンフィット&トリムドッグ」なら健康的にダイエットすることが可能。室内飼いで運動不足になりがちな柴犬にもお勧めのドッグフードです。

柴犬にお勧め「オリジンドッグフード」まとめ

柴犬に「オリジンドッグフード」をお勧めする理由をご紹介しました。
・新鮮な生肉を85%も使用している
・グレインフリーでアレルギーに配慮
・高タンパク質低脂肪で体型維持をサポート
・抗炎症作用のあるDHA ・EPA配合で皮膚炎にも効果的

「オリジンドッグフード」では、【全額返金保証サービス】を行っています。万が一愛犬が食べなかった場合には30日以内なら全額返金してもらえるので安心して注文することができます。

柴犬にどんなドッグフードを与えればいいのかお悩みの飼い主さんはぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました