犬にキャベツをあげるなら、食性を理解してから与えてください。

手作りドッグフード
手作りドッグフード

ペットを飼っていると、動物というよりも同じ家族の一員として接している人も少なくないはずです。特に犬は感情豊かでまるで人間の子供のようです。犬に与える食事と言えばドッグフードが一般的ですが、中にはこだわりを持って手作りするという人もいます。

スポンサーリンク

犬にキャベツは与えるメリット、デメリット

野菜の中で気軽に与えられて栄養素も豊富なのがキャベツです。キャベツは犬に与えても大丈夫な野菜の一つで、体内の異物解毒や免疫機能を促進するビタミンCや、出血時に血液を固めて止血したり骨にあるタンパク質を活性化させ丈夫な骨を形成してくれるビタミンK、体の細胞の生まれ変わりや成長をサポートする葉酸、胃酸の量を調節し胃酸過多によるトラブルを防いでくれるキャベジンなど、健康に効果的な成分がたくさん含まれており与えるメリットは多いです。

ただし食卓に並ぶ機会が多いのもありつい犬にも頻繁に与えがちですが、量には注意が必要です。キャベツには犬にとってデメリットとなる成分であるシュウ酸やゴイトロゲンが含まれているのです。シュウ酸は尿路結石を作ってしまう可能性があり、ゴイトロゲンは甲状腺の機能低下を引き起こす恐れがあります。与える場合は毎日ではなく週に2〜3回程度にして、ドッグフードに少し混ぜるなど少量を基本とすることが望ましいでしょう。

犬の食性を理解することが大切

犬のごはんは何が入っているか分からない市販のものよりも、一から自分で作った方が添加物などを避けるという意味でもいいのかもしれません。

しかし、人間と動物ではもちろん体の作りが違い食べる物も異なります。人間が食べて害がなくても、犬にとっては有害になってしまう食材はたくさんあります。そもそも犬は元々は肉食動物です。ところが人間と共に生活するうちに雑食となり、わりと何でも食べられる動物と言えます。だからと言って何を与えてもいいわけではなく、健康を考えて野菜を与えるにしてもそれが犬にとって適切なものかをきちんと調べておかなくてはなりません。

野菜=健康的というイメージは根強いですが、本当に与えても良いものなのか、量は適切であるかをしっかり知った上で上手く取り入れることが大切です。

愛犬の体重管理におすすめのドックフード

熊本産の馬肉を使用した「馬肉自然づくり」

なんとメイン商材が馬刺し用の馬肉です。羨ましい。馬肉の特徴は他の肉類と比べ「高タンパク」「低脂肪」「低カロリー」になります。さらにあまり摂取することがないお肉のため「低アレルギー」と考えていいです。過去馬肉でアレルギーというのはあまり聞いたことが無いです。馬肉自体はヨーロッパでは食べる習慣がない肉なので、世界的にも珍しいフードかもしれません。馬肉以外の原料も都道府県レベルで管理されており、高品質な野菜や卵を利用していますね。工場に関しても安全性について認定を受けているので、ネガティブな部分が余り見つかりませんw。こちらは初回限定で安いキャンペーンがあるようなので確認してみてください。

「このこのごはん」は小型犬のためのドックフード

そんな小型犬の悩みに特化して作られたフードが「このこのごはん」。

安心・安全なフードを徹底して追及し、さらには食の細さや、好き嫌いが激しいという小型犬にも配慮し作られています。「このこのごはん」は毛並みや涙やけに配慮し、豊富なタンパク質を含む食材や、老廃物をため込まないよう働きかける食材を厳選して使用しています。

アランズは免疫を付けたい ・お腹が弱い子におすすめドッグフード

消化が良い成犬向けドッグフード「アランズ」をご紹介します。高タンパクなラム肉をメインに、天然成分でビタミン・ミネラルを強化したプレミアムドッグフードとして、本場イギリスでは10年以上の実績があります。

消化がよいドッグフードの中には、完全な穀物不使用(グレインフリー)の商品もありますが、アランズは食物アレルギーの原因になる小麦や大豆を使用しない代わりに、自然給餌(ナチュラルフィーディング)に近い食事ができるよう、玄米・全粒オーツ麦・全粒大麦を配合しています。

ピッコロはシニア犬向けに最適化されたドックフード

シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。



タイトルとURLをコピーしました