チワワに必要な栄養が入った、おすすめできるドッグフード3選

ドッグフードの選び方
ドッグフードの選び方

犬は全部同じドッグフードでいい、なんて思っていませんか? 大間違いです。犬種によってベストなドッグフードがあるんです。本記事では、チワワにはどんなドッグフードがいいかについて、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

チワワの特徴

チワワを飼ってる方なら性格に特徴があるのもおわかりになると思います。
献身的で、警戒心が強く、勇敢というのがチワワが本来持つ性格だったりします。
体は小さいですが、番犬になるぐらいしっかり者です。

逆に縄張り意識が強いので、実はチワワ以外の犬種との相性は良くなかったりします。

チワワの出身は中南米

祖先については諸説あるのですがメキシコ辺りではないかと言われることが多いです。

野生では地中の穴に住み小むさな犬でした。チワワは世界で一番小さな犬としてギネスブックに乗っていますが、小さい理由は巣穴に適応するためなのかもしれません。

またチワワは暑い気候に順応した姿とされています。特徴のある大きな耳は、血管が多く通っており、体温上昇を防ぐ役割があります。

そのため寒い冬は体温を保つため、カロリー摂取量を増やす必要もあります。

チワワの被毛タイプは2種類

チワワは様々な毛質をもった犬種になります。まず大きく分けると2種類ですが、毛が長い子と、短い子がいるんです。専門的な言葉で言えば、ロングとムースの2種類がいるのです。ご自宅のチワワをよくご覧になってください。毛が長いでしょうか、短いでしょうか?
スムースは光沢のある毛が密生していますが、ロングはやわらかく、ウェーブがかかったりとバラエティーに富んでいます。また成長の過程で体毛の色が変わることもあり、子犬の頃から被毛のケアをする必要があります。ロングの子は、長い毛を美しく、清潔に保つ必要があるんです。 ですが一方でムースの子は、健康な皮膚を維持することが重要なんです。

ロングの子には、長い毛を美しく保つための、そしてムースの子には健康な皮膚を維持するための、栄養素の入ったドッグフードをあげなければいけません。
被毛のケアを行う場合はオメガ3、オメガ6脂肪酸がバランスよく配合されている必要があります。動物性脂肪だけでなく、ひまわり油や亜麻仁油が配合されているものがよいとされています。原材料に亜麻仁油やひまわり油、サーモンオイルといった物が入っていると自然原料でこのバランスをとることができ、皮膚被毛に良い影響があるとされています。

チワワのかかりやすい病気

チワワがなりやすい病気で、ドッグフードで予防できるのが膝蓋骨脱臼などです。グルコサミンコンドロイチなどを豊富に含むドッグフードを選ぶことで、間接のケアをするようにしましょう。

また室内飼いの場合は肥満に注意が必要です。小さいからと散歩が少ないなど運動不足になることが多く注意が必要です。理想はたくさん運動をさせることなんです。ですがそんな時間がない方もいらっしゃいますよね?
ですのでチワワには、高たんぱくなドックフードを選ぶのがベストです。高たんぱくなドッグフードを摂取させることで、チワワの筋肉量を維持と血糖値の急激な上昇を抑えることができます。最適なのはグレインフリーに対応しているドッグフードです。

このグレインフリーとは、穀物不使用という意味です。 穀物には多くの糖質が含まれています。糖質は、すべての生き物にとって重要なものです。糖質がないと、例えば人間は脳を働かせることができません。 しかしあまりに多量の糖質をとると、それは肥満につながるんです。
ですのでチワワの場合には、室内飼いで、運動不足になりやすいため、なるべくグレインフリーのドッグフードがいいのです。
またチワワの場合には、穀物を消化することが、非常に体の負担となるのです。体の負担となる以上、あまり穀物の入っていないドッグフードがいいでしょう。

チワワにおすすめできるドックフード

改めて必要な栄養素は下記の通りです。
オメガ3、オメガ6脂肪酸がバランスよい。
グルコサミンコンドロイチが豊富
高タンパク質、低炭水化物なグレインフリー。

チワワにおすすめしたいオリジンドックフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきS(抜群)
コスパB(良い)
特徴 

オリジンは生物学的に適正な自然なかたちで栄養補給する”というコンセプトのドッグフードです。過去にはペットフードオブザイヤーを三年連続で受賞するなど世界的に認められているフードです。栄養素として優れており、高たんぱく、低炭水化物、穀類一切不使用というものになります。

ピッコロはシニアチワワにおすすめフード

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(抜群)
コスパA(お得)
特徴・麹熟成した鹿肉使用

ペット先進国イギリスで開発されたピッコロです。シニアが必要とする栄養素は、成犬と変わってきます。シニア犬におすすめできるフードナノがピッコロです。ペット先進国イギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)の無添加ドッグフードです。

犬心はお腹の弱いチワワにおすすめしたい

総合評価A(高品質)
品質A(ヒューマングレード)
安全性A(合成化合物不使用)
食いつきA(抜群)
コスパA(お得)
特徴・高栄養・高消化性

「犬心 消化器ケア」は、高栄養・高消化性のフード。体に良い自然素材を使用しながら、療法食としての役割も果たすフードは数少ないものです。 ・犬にとって消化しやすい食材を使用
・乳酸菌を配合して、腸内環境の改善にアプローチ
・保存料不使用
・「はなびらたけ」配合で免疫力アップ 愛犬の下痢・嘔吐などの消化器トラブルに悩んでいる飼い主さんはまずは、1袋お試しになってはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました